読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規就農どろんこ日記

すったもんだの末に有機農業の研修を始めててんやわんやの日々のブログ(ときどき27歳のころ世界中を旅した話も)

実のある半年。

農業研修

こんばんは、おやつ大好きミカミです。

就農したあかつきには、巨大なおやつBOXの導入をここに高らかに朗らかに宣言します。

 

身内から財源についての詰問が予想されますが、これにつきましては福利厚生の充実という観点を前面に出し、論点をすり替えて答弁しようと思っている次第です。

 

 

研修はじゃがいもの種イモを半分に切る作業。

種イモは1ヶ月近く日光に当て芽出しをしてあります。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170219213645j:plain

 

写真の品種はメークイン

品種を問わずだいたいは、へそ(親イモにつながっていた所)の反対側に芽が集まっているので、それをふまえて芽の数がおおむね半分になるようにカット。

切り口はじゃがいもにとって傷口なので、表面積ができるだけ小さくなるように切る。

 

そして切り口を乾かす。

 

その後、シリカという天然鉱物の粉を切り口につける。

これには腐敗抑制と活着促進の効果がある。

 

こういう時、僕は袋に書いてあるメーカーと製品名をこっそり見て覚えておくようにしています。

(別にこっそりじゃなくて堂々と見ればいいんだけど)

 

 

それからじゃがいもを植える予定の畑へ移動。

うね溝の底を平グワでさらい、さらった土をうねの上に盛る作業。

これによってうね溝が深くなり、うねが高くなります。

高うねにするのは排水性を高めるため。

 

植え付けは3月初旬か、早ければ今月下旬か。

 

 

午後は、

・にんじんの種まき。

ブロッコリー、ほうれん草の収穫。

・ねぎのうねの草取り。

 

などでした。

 

 

いやしかし気がつけば「どえぇ!?」っという間に研修開始から半年がたっています。

この調子だと「むむぅっ!?」っという間に1年がたってしまいそうです。

 

ここまでの有機農業の技術的な面に関しての大まかな印象は、

 

乱暴に言えば、

“土を良くできれば何とかなる”

 

です。

 

まあそれが簡単にできれば誰も苦労はしません。

古来よりお百姓さんが脈々と挑んできた永遠の課題です。

 

 

あとは、

・適期適作

・段取り

・次善の策

 

をきっちりと押さえる。

 

教科書的ですが、僕は

“実感として”

これらのことがどうして大事なのか。

 

どうすれば、

“実践の場で”

これらのことを実行できるか。

 

を、具体的な体験を通して主体的に学んでいます。

それこそがまさに実のある研修ってものです。

 

 

ただ最後に言及しておかなければならないのは、就農後に生産が形になってきたとして、その先には

『販売』

という大~きな壁が待ち受けています。

 

実際のところ、それが現実です。

f:id:tomoaki-mikami:20170219214348j:plain

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村