新規就農どろんこ日記

巡り巡って西の彼方、長崎県西海市で新規就農した有機農家の日々のブログ(ときどき27歳のころ世界中を旅した話も)

遠くまで。

ここに定住するぞと肚を決めたミカミ君とおハナさんは、具体的に決めなければならないコトを前へ進めに長崎県西海市に行ってきました。

(高速道路代もバカにならないので下道で)

 

到着後おハナさんお手製弁当で腹ごしらえをしたらさあコトを進めましょう。

 

まずは空き家の改修工事について。

農地を紹介してもらう等もの凄いお世話になっているMさんが、知り合いの大工さんを紹介してくれ、その方と打ち合わせ。

事前につくっておいた改修項目用紙を渡し、現場を見ながら説明。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170612195513j:plain

例えばこの縁側の外に網戸を設置。

であるとかです。

 

項目ごとに見積もりを出してもらうよう依頼しました。

 

 

次はお風呂の給湯器の設置について。

今ついている給湯器は凍結により壊れてしまっているので新しい物の設置が必要です。

業者の方に現場を見てもらい、これまた見積もりを依頼。

 

 

続いて農地を借りる手続きについて。

農地中間管理機構の担当の方が来てくださり、借りたい農地の地番・賃料・借りる年数を伝え、その内容で書類を作成して頂けることに。

 

これにてこの日の打ち合わせは終了。

思ったより早くすみました。

 

立ち会ってくれた家主さん、Mさん。

大工さん、給湯器の業者さん、農地中間管理機構の担当者さん。

どうもありがとうございました。

 

みなさんが帰った後ひとやすみ。

家の周りを散策するとカニさんがこんにちは。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170612195647j:plain

 

僕たちが帰らずにゆっくりしているのは、家主さんの厚意でこの日は空き家に泊まらせてもらえることになっているからです。

日帰りで予定を詰め込むのは体力的にも精神的にもよろしくないと考え、家主さんに宿泊のお願いをしたところ快諾してくださいました。

 

感謝感謝。

 

 

空き家から車で5分ほど行った集落の魚港を散歩。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170612195809j:plain

海に落ちるのが怖いため、へっぴり腰のエヘエへ丸。

 

 

スーパーで夕ご飯を買い、銭湯で入浴。

家(空き家)に戻り夕ご飯を食べ、持参した寝袋で就寝。

 

福岡の家と違い、夜は暗く静かで、虫の音しか聞こえません。

 

翌朝、目が覚めて生活感のない家の中を改めて見渡すと、

『根無し草だった自分がここに定住するんだ。』

と思い、少し不思議な気がするとともに、

『うん、ここでやっていくんだ。』

という、決意と確信がないまぜになった気持ちが静かに湧いてきました。

 

 

二日目は、借りる予定の畑の土を採取し、県央振興局に届けて土壌分析を依頼。

 

そのあと、借りる予定の畑の地主さんに挨拶。

(僕は計3人の地主さんから畑を借りる。その中でまだお会いしていなかった方。)

 

昼食。

 

それから農機具屋さんに行き、購入したい中古農機具について相談。

一輪管理機については、

「大体の人は壊れるまで使うから、良い状態のものはあまり出ない。」

 

トラクターは、

「20~25馬力は需要が多く、価格が高くなりがち。」

 

とのことでした。

どちらも僕の希望する条件に合ったものが出たら連絡してもらえることに。

 

次善の策は、

・近隣の農家の方に借りる。(Mさんはこれを推奨)

・市の農業公社に借りる。(有料)

西海市外の農機具屋さんにも中古品がないかあたる。

 

といったところでしょうか。

 

ともあれこれにて今回の長崎行きで済ませる用事は無事完了。

明るいうちに帰路につけると疲労感も和らぎます。

 

おハナさんと運転を交代しながらボチボチ帰宅。

これもとても助かります。

 

アフリカにはこういうことわざがあるそうです。

“早く行きたいのなら一人で行け。

 遠くまで行きたいのなら一緒に行け。”

 

う~ん。

思えば遠くまで来たもんだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村