新規就農どろんこ日記

巡り巡って西の彼方、長崎県西海市で新規就農した有機農家の日々のブログ(ときどき27歳のころ世界中を旅した話も)

ナミビアのワルヴィス・ベイにはフラミンゴがわんさか。

ボツワナのマウンからカンツィへ移動。

カンツィはこじんまりした町。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170724211158j:plain

小ぶりな図書館があった。

蔵書数は多くなかったけれど、館内には思い思いに本を手に取る人達がいて、元図書館員の僕としては心温まる光景だった。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170724211252j:plain

 

図書館を出るとちょうど夕陽が落ちるころ。

f:id:tomoaki-mikami:20170724211336j:plain

 

カンツィではようやく見つけたゲストハウスが満室。

でも僕が「わたー、どうしよう。」と困っていると、

フロントのおばちゃんが「仕方ないね。これでいいなら建ててあげるよ。」

と庭にテントを張ってくれて、そこに格安で泊めてくれた。

ありがとう。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170724211413j:plain

 これはテントの中。

 

翌日ナミビアへ向けて出発。

カンツィのバスステーションは大手スーパーマーケットの裏にある。

バスを待つ間スーパーの方を見ていると、路上生活をしていると思われる風体の子供たち数人がスーパーの裏口にあるゴミ箱を漁りにきた。

そこに休憩中とおぼしきスーパーの店員さんが出てきて、期限切れ商品なのかいくつか食べ物をあげていた。

今回が初めてではなく、お互い顔見知りのような雰囲気があった。

 

カンツィを出発したバスはチャーリーズ・ヒルという国境から8km離れたところにある町までしか行かない。

ここからナミビアへは公共交通機関が無く、手段はヒッチハイクのみ。

 

しかし需要のあるところに供給もある。

しばらくすると乗用車が停まり、ナミビアへ行く現地の人や旅行者たちを有料で乗せて行く。

僕もその一台に便乗。

 

ナミビアに入国。

ゴバビスという割と大きめの街で下車。

 

このゴバビスから首都ウィントフックに線路が伸びていることは、カンツィの図書館にあった本で調査済み。

ふっふっふ。

僕の好きな鉄道移動ができるぞ。

 

駅がどっちか分からないので、その辺にいた警察官に聞いたら、

『連れて行ってやる』

と言われ、まさかの囚人輸送車で駅へ。

運転席の後ろにある囚人収容スペースに入れられ外から鍵を閉められる。

幸い同席する人は誰もいなかった。

 

駅に到着。

でも駅構内のどこを探せど乗客も駅員も人っ子一人いない。

仕方ないので駅前の銀行のATMを見張っていた警備員のおっちゃんに尋ねてみると、

 

『今は貨物列車しか運行してないぞ。』

の一言。

 

なるほど。

 

 

ということでまたしてもヒッチハイクで移動。

 

首都ウィントフックへ。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170724211826j:plain

 見るからにきれいな近代都市。

 

壁にはこんな落書きが。

f:id:tomoaki-mikami:20170724211903j:plain

 

君の思い描く”成功”とは何だい?

 

首都ウィントフックからは今度こそ人が乗れる電車が走っている。

それに乗車。

 

ガタンゴトン列車はひた走る。

f:id:tomoaki-mikami:20170724211954j:plain

 

車窓から、地平線に昇る朝日が見えた。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212043j:plain

 

一晩中走り続けワルヴィス・ベイに到着。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212140j:plain

f:id:tomoaki-mikami:20170724212210j:plain

僕はこれに乗ってきた。 

 

ワルヴィス・ベイは大西洋に面したその名の通り湾に面した町。

そのせいか僕の滞在した数日間、朝方は毎日濃霧が発生する。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212333j:plain

 

町の人に聞いてみると、

『いつもこんな感じよ。むしろ今日は薄い方よ。』

と言う答えが返ってきた。

 

午後は晴れる。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212533j:plain

 

湾沿いを散歩。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212618j:plain

 

フラミンゴがうようよいる。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212654j:plain

 

羽を広げると結構でかい。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212730j:plain

 

別に片足で立ってはいない。

f:id:tomoaki-mikami:20170724212816j:plain

 

道路わきのゴミ箱にはフラミンゴの死骸が頭から突っ込まれている。

必然と上を向いた足はゴミ箱からはみ出ている。

 

見るとこで見れば、

「おおー!!初めて見たー!!」「すげー!!うすピンクー!!」

と感動を呼び起こす出来事となるのだろうけど、

そこら中にわんさかいるし、

普通に両足で立っているし、

扱われ方がガサツだし、

「ああ、いるね。」くらいの感想に落ち着いてしまった。

 

やっぱり初対面の印象って大事なんだな。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170724213011j:plain

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村