新規就農どろんこ日記

巡り巡って西の彼方、長崎県西海市で新規就農した有機農家の日々のブログ(ときどき27歳のころ世界中を旅した話も)

有機?無農薬? ~表示のハナシ~

こんばんは、出荷を終えたら雨が降ってきたので、野菜を入れる袋にシールをペタペタ貼っていたミカミです。

 

f:id:tomoaki-mikami:20171216211410j:plain

今日はこのシールにある

『栽培期間中、農薬・化学肥料 不使用』

という“表示”についての話。

 

当農園では農薬と化学肥料を一切使用せずに野菜を生産しています。

それは“一般的に”言うと、有機農法により生産された有機野菜です。

(“一般的に”という表現は曖昧さを含んでいますが、あえて使用しています。)

 

しかし、販売する際に『有機野菜』と“表示”して売ることはできません。

 

なぜか。

 

有機JAS認証を取得していないからです。

 

以下、農林水産省のホームページからの引用です。

有機食品の検査認証制度:農林水産省

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

 

これは2001年に改正されたJAS法により定められています。

 

この法律ができた経緯を短く要約すると、

基準が曖昧なまま「有機」、「減農薬」などの表示が氾濫して消費者が混乱したから。

 

そしてこのJAS法が定めた有機農産物の生産方法の基準は、

 

・ 堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)、原則として化学的肥料及び農薬は使用しないこと

・ 遺伝子組換え種苗は使用しないこと

 

となっております。

 

「有機」と表示するためには、これを証明するために、

 

生産行程に関する管理の記録

格付に関する管理の記録

JASマークに関する管理の記録

ほ場の一覧

種苗の一覧

資材(肥料、土壌改良資材、農薬など)の一覧

機械・器具の一覧

施設の一覧

 

などなどの書類を作成し、認定機関へ提出する必要があります。

 

それから有機JAS認証取得の費用について。

長崎では例えば長崎県食品衛生協会が承認機関となっており、その費用はこちら、

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/yuuki_tesuryo_16.pdf

 

抜粋します。

計算例1)有機農産物認定申請で実地検査が1日必要な場合

①+②×1日+④+⑤=251,200

 

はい、実地検査が1日の場合で25万円を超えてきます。

2日かかる場合や有機加工食品も申請する場合はさらに費用がドドンと跳ね上がります。

 

実地検査が1日の場合でもまだ終わりではありません。

上部にある「1.認定手数料の額」の横を見てください。

 

(交通費、出張経費は含まれていません。別途請求)

と書かれています。

 

はい、検査員の交通費と出張経費が25万1200円とは別途で請求されます。

 

単刀直入に申し上げてやってられません。

 

 

とまあこのとおり有機JAS認証制度とは、煩雑な書類作成とかなりの費用負担を有機農家に一律がっつり負担させる制度となっています。

 

その構図は本来の有機農業の理念と相反するものでもあります。

 

それゆえ、実質、有機JAS規格に該当する(もしくはそれ以上の)有機農産物の生産者でも、有機JAS認証を取得していない、ということが数多くあります。 

 

偽物を規制しようとしたら、本物にまで背を向けられてしまった。

といった芳しくない結果を招いていると言えるでしょう。

 

ちなみに『無農薬』という表示も平成19年に改正された「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」によって禁止されています。

(「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」の表示も禁止)

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/tokusai_qa.pdf

 

Q6を見てください。

この長文を可能な限り短く要約すると、

 

「無農薬」は“生産過程において”農薬を使用しない、

という意味の表示であったのに、

消費者からは“土壌に残留した農薬や飛散してきた農薬を含め”一切の残留農薬を含まない、

という意味に誤ってとらえられていた。

 

「無農薬」が「有機」という表示よりも優れていると誤認していた消費者が全体の6割以上もいた。

 

という理由から「無農薬」という表示が禁止されました。

まあ、全然周知されておらずはっきり言って野放し状態ですが。

 

 

こういった訳で、当農園の野菜には

「有機」でも「無農薬」でもなく、

Q6の6.に示されている内容を律儀に守り、

「栽培期間中 農薬・化学肥料 不使用」

という表示がされています。

 

 

「有機JAS認証制度」が導入されたのは消費者が混乱していたから。

「無農薬」という表示の禁止は消費者に誤解を与えていたから。

 

それらを解決するために国は上に記した2つの策を講じました。

しかし実際のところ、1つの混乱が別の形の混乱に姿を変えただけという結果になっています。

 

その姿を変えた混乱が、有機農家として新規就農した僕たちに象徴的にふりかかる事件が勃発したのですが、長くなりすぎたのでそれについてはまた次回。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

玉ねぎの植え付け。

こんばんは、こたつに入ってしばらくすると寝てしまう率急上昇中のミカミです。

ひと眠りして目が覚めたら

「どぁ~!! お風呂に入って歯を磨いてふとんで寝んといかん!! うおぉ~!!」

と起き上がるために気合を入れ1日を締めくくる最後の作業に取り掛かっています。

 

 

畑では玉ねぎの苗を定植しました。

f:id:tomoaki-mikami:20171130204822j:plain

 

種を蒔いてから55日で元気に育った苗。

葉鞘径も定植適期である6㎜前後とばっちり。

根っこも勢いよく伸びています。

f:id:tomoaki-mikami:20171130204925j:plain

 

これをひたすらマルチに15㎝間隔で開いた穴へ定植していきます。

f:id:tomoaki-mikami:20171130205015j:plain

 

地道な作業です。 

 

といっても今年の作付けは少なめで推計1500本くらい。

来年は数を3倍くらいにして3月下旬には収穫できる極早生も植えたいところです。

 

今年植えた玉ねぎは中生なので早くても収穫は5月下旬。

収穫後は風通しの良い場所につるしておけば半年以上は保存できます。

 

吊るす場所もつくらなくては。

 

10月下旬に蒔いたソラマメも順調に育っています。

f:id:tomoaki-mikami:20171130205130j:plain

これも収穫は5月ごろ。

 

自家用程度に作付けた大根が、

「おいおい、引っこ抜かないんなら自分で飛び出しちまうぞ。」

と言わんばかりの勢いです。

f:id:tomoaki-mikami:20171130205237j:plain

 

なので収穫し煮物にしておいしく頂きました。

 

以前、

『畑に石が多いので根物野菜の作付けは厳しい。』 

と言ったのはどこのどいつだ。

 

はい、僕です。

 

謹んで訂正します。

場所によっては(石の少ない箇所には)根物野菜も作付けできそうです。

嬉しい誤算。

 

その他もろもろ今年の作付けから得て、来年の作付けに反映させたいことが山ほどあります。

実戦で得た経験は貴重です。

 

11月初旬から出荷・販売を始めて約1ヶ月。

もちろんまだ目標とする月あたりの売り上げには届いていませんが、手ごたえはしっかりとありました。

 

来年の冬作は今年の品目に加え、サツマイモやジャガイモなどのイモ類、大根、ネギなども販売用に作付けする予定です。

 

しかし品目が多くなるということは手間も増えるということ。

夏野菜の片づけだってあります。

 

はたして手が足りるかどうか。

おそらく猫の手も借りたくなるでしょう。

 

そうとなったら君も手を貸してくれるかい?

 

f:id:tomoaki-mikami:20171130205810j:plain

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

売れゆき好調。今日の新聞。

こんばんは、子供の頃、お風呂上りに体が冷えてしまう『湯冷め』という言葉を、お湯に生息する凶暴なサメ、『湯ザメ』だと思い込み恐れていたミカミです。

もう大人になったので湯冷めにだけ気をつければオーケーです。

 

ところで気になる野菜たちの売れ行きは、

なんと校長も紅潮するほど好調です。

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118210830j:plain

カブも

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118210905j:plain

ほうれん草も

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118210936j:plain

春菊も

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118211008j:plain

小松菜も

 

週3日出荷していますが、ほぼ毎回完売しています。

ありがたい限りです。

 

また、野菜の評判も上々の様で、

 

ときどき野菜を買いに来る和食屋さんの料理人の人が、

「味が濃く、野菜本来の味がする。」

と評価してくれたり、

 

春菊を、

「生でも食べられる。」

というお客さんの声や、

 

小松菜を

「おいしいから。」

と3袋も買っていったお客さんなど、

 

苦労が報われる嬉しい言葉を頂いています。

 

こういうことを聞くと、根が単純な僕は

『うし、もういっちょ頑張りますか。』

と畑仕事にいっそう精が出ます。

 

そして今日からは従来のイオン時津店に加え、マックスバリュ時津店と琴海店にも出荷を始めました。(マックスバリュには自分たちで配達する。)

 

ということで新聞屋さんが来て間もない4時半から収穫・出荷調整に取り掛かります。

朝食前にイオン時津店への出荷分を近くの集荷所へ持っていき、朝食後にマックスバリュ分を調整、配達します。

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118211209j:plain

 

新聞を読む暇もありません。

 

配達・昼食・小休憩をはさんで午後の畑仕事に突入。

 

春菊のうねに追肥をしたり、

(一度収穫しても脇芽が出てくるので、それを促すため。)

 

圃場拡大のため開墾をしたりしていると日が暮れます。

 

夕食はおハナさん特製、自家用野菜たっぷりのキムチ鍋。

f:id:tomoaki-mikami:20171118211321j:plain

 

大変おいしゅうございました。

 

夕食後にやっと新聞を読もうと思ったら、

 

 

 

f:id:tomoaki-mikami:20171118211400j:plain

余ったほうれん草をくるむのに使われてしまっていたー!! 

 

ま、いいか。

 

おハナさん、今日1日お疲れさまでした。(だいぶ疲れたんですね。)

テーブルの上にまぎらわしく今日の新聞を置きっぱなしにしていた僕がとんまですっとこどっこいでした。

ええ。

 

新聞屋さん、明日こそちゃんと読みますので今日のところは許してください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村