新規就農どろんこ日記

すったもんだの末に有機農業の研修を始めててんやわんやの日々のブログ(ときどき27歳のころ世界中を旅した話も)

さつまいもの植え付けとドローン!?

こんばんは、焼き芋とかんころ餅大好きミカミです。

かんころ餅とは天日干ししたサツマイモを混ぜ込んだお餅で長崎の名物。

冬にストーブでこんが~り炙って食べるとこれ絶品。

今年の冬は長崎で迎えるのでかんころ餅がたくさん食べられそうです。

 

研修はカラッとした五月晴れの中、サツマイモの畑づくりと植え付けがこんな感じで進んでいます。

 

①まず畑をトラクターで全面グイングイングインと耕耘。

②うね幅の約90cm間隔でうね立ての目印にする線を引く。

③線に沿って管理機を入れ、土をバババババッと跳ね上げる。

④平グワでジョリッ…ジョリッ…とうね間の土をさらい、うねの上へあげる。

⑤平グワでシャーッ、ペタペタとうねをカマボコ型に整形。

⑥マルチをはる。

 

ここまで準備を整えておいてさあ植え付けです。

これはチョチョイのチョイで終わります。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170519214034j:plain

写真右端のうねが管理機を入れ終わった状態の平らなうね。

写真中央から左側が平グワでジョリッ…としてうねの上にさらに土を盛って、カマボコ整形が終わった状態。

このカマボコの中にイモができるので大事な作業です。

 

f:id:tomoaki-mikami:20170519214203j:plain

そしてこれがマルチをはり終わって植え付けも完了したところ。

植え付け後の数日は適宜水やりをして活着するまで枯らさぬよう気を付けます。

 

あとは収穫までほとんどすることはありません。

かくして今年の秋にサツマイモ達が収穫され、販売され、料理され、誰かの胃袋に収まっていきます。

 

長い道のりです。

 

ちなみに今回先発隊で植え付けた苗の半分は購入したもの(シルクスイートという品種)ですが、もう半分は師匠が3月に種イモ(昨年収穫し保存しておいたイモ)を伏せ込み、苗を育て採ったもの。

 

初年度からできるかは不透明ですが、僕も種イモの伏せ込みからの苗づくりに挑戦しようと思っています。

 

収入がかかっているので、当然結果を精査し取捨選択しなくてはなりませんが、小規模農家のやりくりは創意工夫次第なので、チャレンジ精神はいつでも旺盛に保っておきたいものです。

 

あくなきチャレンジ精神を持つ師匠はしばらく前にスマホデビュー。

 

そしてこの人もスゴイ。

新聞によると黒柳徹子さんは何とインスタグラムを始め、フォロワー数が67万人を突破したとのことです。

 

そして次はドローンに挑戦したいそうです。

 

 

ただただ脱帽です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村